タグ : KM

品川ウィキ勉強会に行ってきました

昨日、ISIDの杉浦さんに招待されて、品川ウィキ勉強会に行ってきました。

当初は先日行われたアトラシアンユーザー会の資料を元に議論する予定でしたが、徐々に脱線するという、中々味わい深い勉強会ではありました。

その最中、いくつかの意見が出たので、自分の興味のあったところだけあげていきます。

  • コミュニケーションとコラボレーションの境目は?
  • ウィキペディアは労働集約型のプロジェクトである
  • ナレッジを集約するだけでなく、それを知識として高めるステップが必要
  • ただし、それはウィキが補完するステップでは無くて、人間系のフォローが必要

といったところでしょうか。

それにしても、先日ウィキペディアの人たちの前で「ナレッジマネージメント」「暗黙知」といった話を振ったところ、ちょっとポカンとされ、一方で今回KMな人にウィキペディアが労働集約型のサイトであることを説明すると、びっくりさせられるという経験をしました。両者の断絶は大きいようです。

広告